少年サッカー専門誌「フットボールカルテ」2012年春号


平成23年度中志津杯
中志津杯チャンピオンシップ
大会レポート

 平成23年12月23日、第6回中志津杯チャンピオンシップが千葉県は利根川の河川敷にある栄レインボーグラウンドで行われた。大会には11月20日から始まった第21回中志津杯を勝ち抜いた6年生の8チームに加え、推薦4チームを加えた計12チームが参加。3チームずつ4つのグループに組分けされたリーグ戦を戦い、各グループの1位がトーナメント形式で優勝を争った。

  「感謝の気持ちがこの中志津杯を始めたきっかけです」大会を主催する太田博子さんはそう話す。自身もこの大会に参加している中志津SCの監督を務めており「これまでに色々なチームを紹介していただき、試合をさせていただきました。そこで自分たちもその恩返しのようなことができればと考えたんです。始めた当初はここまで多くのチームが参加していただけるような大会になるとは思ってもいませんでした。」と嬉しそうに笑う。
 今回の中志津杯には6年生チームだけで53チームが参加した。ここまで規模が大きくなるとグラウンドの確保、日程調整だけでも大変な作業である。


 「まだそれほど参加チームが多くなかったときはスタッフだけで運営できていたのですが、チーム数が増えてくると私たちだけの手には負えなくなってきました。大会がここまで大きなものになれたのは、たくさんの保護者の方々に協力していただいたおかげです。」地元の人々による、地域の子供たちのための地域に根付いた大会。その礎をひとつずつ積み上げてきた大田さんの向こう側では、たくさんの子供たちが川辺の寒さもなんのその、元気にボールを追いかけていました。